過払いとクレーゾーン金利について

過払いとクレーゾーン金利について

過払いとクレーゾーン金利について

キャッシングかローンかにかかわらず、融資のの利息は法的に決められていて、一定以上の金利を貸す事は認められおらず、法定利息を超えている分は無効となります。

 

ですから、法定金利以上の設定は基本的にされないのが普通ですが、出資法などの関係で、法定金利を超える利息が存在します。

 

開成があって、出資法の金利が下げられた今も、質に関する金利はまだかなり高いまま残されています。

 

一般の利息制限法の金利の上限から出資法金利の上限の間の部分が「グレー金利」と呼ばれるもので、多くの消費者金融がこのグレー金利を利用していました。

 

キャッシングを重ねていくと、返済しているにもかかわらず、いつまでも返済が終了しないことがありますが、それは金利が法定利息を上回っている高利のためであることがおおかqわけです。

また多くの消費者金融では、キャッシングの利息は複利計算で行われていることが、返済してもなかなか元本が減らない原因です。
金利が高いと、残った利息が元金に移行するため、どんどん元金がふくれあがっていきます。

 

多くの場合、利息が利息を生み出すという、永遠に終わらない状況が生じる可能性があるのを承知で、高金利で貸し付けていた方に大きな問題点があったといえます。

 

実際に、さかのぼって返済した額を調べると、法定利息での制限内以上に利息を払っていることが多々ありました。

 

それが、過払い金といわれるもので、不必要な利息を払っているケースたくさんあったのです。

 

過払い金について、貸した側から指摘されることはまずありえませんので、こちらから要求しないとずっと払わされつづけます。

 

なぜならば、任意に払っているとみなされて、みなし弁済という法律の規定で、返す人用がなくなるという解釈をしていたためです。

 

しかし、判例が出たり、法律が改正されたりなどして、任意で払っていたとは、認められないとして、利息制限法を超えて支払ったお金を経何歳しなければならなくなり、

 

各地でたくさんの人が過払い請求を起こし、たくさんの中小の金融業者が廃業に追い込まれました。

トップへ戻る