年収の3分の1までの規制が緩和される可能性はあるの?

年収の3分の1までの規制が緩和される可能性はあるの?

年収の3分の1までの規制が緩和される可能性はあるの?

この話題は、総量規制が実査された時から出ていた話ではあるようですが、

貸金業法改正後の見直し、規制緩和の方向の論議は度々出てきています。

現在、年収の3分の一までしか借り入れることはできませんが、

もちろんそれは、一部の金融機関、ノンバンクの話で、銀行であれば、借り入れることができます。

その規制を逃れるため、グループ会社を子会社化して銀行本体が消費者金融を自ら始めたところもあります。

どうして、規制緩和の話が度々でているのかというと、それは総量規制で、借りにくくなってしまった人たちが、闇金でお金を借りる傾向が出てきてしまっているためです。

闇金だと、もともと存在自他が違法わけですから、法律を厳守していないわけです、当然金利もぼったくり利率になりますし、取立ても尋常ではありません、当然ですが、返済能力以上に貸し付けることも行われています。

そのため、総量規制の本来の目的であった「多重債務者」が増え続けるそして、そのことによる色々な被源を減らしていこうという本姓の目的達成に本当の意味でつながっているかわからないということになります。

また、一般の消費者だけでなく、多くの中小事業者が、銀行融資などの一時的なつなぎとしてノンバンクを利用していたことから、総量規制では事業資金は別扱いになっているにもかかわらず、資金調達が困難になるという弊害が出てきてしまってもいることもあるようです。

まだ規制緩和が決まったわけではなく、そうしようという動きがあるというだけで、どうなるかわかりませんが、年収の3分の1までという部分を2分の1までに緩和使用などの案が作られ、論議はされたようです、ただ政治的な凌ぎあいや、反対派などの動きもあり、タイミング的にはストップしているという状況のようです。

直ぐに緩和はされないと思えますがいつ、それはまた変わるかはわかりません。

ショッピング枠現金化などという新たな貸金の手法や、リボ払いなど、新たな借金を貸されてしまうものも出てきていますので、規制緩和は必要だというこうも、うなずける点もありますが・・・

金融業者のためという見方もでき、簡単にはどちらがいいとも言い難いですね。

トップへ戻る