リボ払いは本当に消費者のためなの?

リボ払いは本当に消費者のためなの?

リボ払いは本当に消費者のためなの?

今は、盛んにリボ払いが宣伝されていますし、カード会社もメールなどで勧めてきます。

後からリボなんとものも各社で取り扱うようになってきています。

リボ払いにするとポイントがつくなど、得点がいろいろよういされていて、よく理解していないのに、リボ払いにしてしまうなどしていませんか?

このリボ払い、使ってみるととっても便利で、この便利さをしってしまうと、やめられなくなってしまう人もいるでしょう。

しかし、このリボ払い本当はかなり怖い支払い方法なのです。

はっきりいってキャッシングなどをしているのと同じ、つまり借金に他ならないのです。

カード会社によってことなると思いますが、リボ払いにすると、15%というかなり高利な利息が付くのをご存じでしょうか?

「えっ」と思われた方いるんじゃないでしょうか?

リボをただの分割払いと同じだと思われているかともいるかもしれません。

でも分割払いとリボは全然違うのですよ!

分割払いもたいてい分割手数料、つまり金利がつきますし、リボもつきますからなにが違うのだろうとおもうと思いますが・・・

たとえばリボ払いで、月の支払額を1万円までと指定した場合どのようになるかというと、10万円のものを購入して、分割で、月1万円ずつ支払うのと、同じようになりますが・・・

怖いのは、さらに10万円のものを買って、リボ払いにするときです。

分割ならば、1万円津津で支払うと、さらに1万円増えて、月2万円づつ支払いになりますが、リボ払いの場合、支払いは月々一万円のままで、そま1万円から、2つの10万円の支払いをしていく訳です。

つまり支払い期間が自動的にのび、当然金利もえて行きます。

なに割り怖いのは、毎月口座から支払われるのは、1万円で、たくさん買い物をしても、引き落とされる額が変わらないので、自分がいったいいくらのシャツ金をしているのかわからなくなります。

引き落とし金額が増えないので、そのままの生活を続けてしまうことにもなります。

どうです?ここまで聞いて・・・こわ・・・リボにするの控えようと思ったあなたは大丈夫だと思いますが・・・

ん?それって便利でいいんじゃないと思ったあなたは自己破産予備軍ですよ!!

米国が今大変なことになっているのは、サブプライムローンだけじゃなく、このリボ払いで、知らぬ間に積み重なった、個人の借金なのです。

収入以上の消費をしてしまった原因は、米国のこのリボ払い利用にあったのです。

世界の4分の一という膨大な消費を支えたのは、こんなところにあったわけです。

米国では、このリボ払いでたまったつけを生産し始めていますが、日本のカード業界では、落ち込んだ消費を喚起するため、このリボ払い導入で、消費者にうまく使わせようとしています。

結局は、これが行き過ぎると米国のようなカード会社自身の首を詰めることになるのですがね。

日本の消費者のみなさん、まんまと、カード会社に乗せられて、無駄に金利を乗せられたリボ払いを使いすぎないようにしてくださいね。

現金かがでてこない分、キャッシングよりも安易につかってしまって自己破産となりますよ。

 

もしすでにリボ払いにしているのだったら、カードローン借換えでした方が得です。

 

借換えカードローンの情報はこちらを参考にするといいでしょう。

 

銀行のカードローンであれば、金利が低いので、借り換えて、そちらに返済していく方が利息の支払いが少なくて済みますし、返せる分だけ返すことができるので、無駄が無くて済むというわけです。

トップへ戻る