信販会社、銀行、消費者金融との違い

信販会社、銀行、消費者金融との違い

信販会社、銀行、消費者金融との違い

自由な使途で現金を借りるというキャッシングと考えるならば、じキャシングできる会社でも、銀行系、信販会社、消費金融と、この3つのタイプの借り入れ先が考えられますね。

 

銀行でない金融機関を「ノンバンク」と称しますが、これが消費者金融です。

 

つまり、銀行ではないということですので、商工ローン業者などもこの範囲にはいります。

 

また、たいていの人が今や一枚は、持っているクレジットカード、これが信販会社です。

 

銀行と消費者金融、クレジットカードを発行している信販会社、どこもキャッシングサービスはありますし、お金を貸してくれる所ではありますが、いろいろと違いがあるのです。

できれば、条件がいい銀行が一番ですが、銀行が審査などが一番厳しいわけです。

 

その分、審査に通るだけの信用があれば、借入限度額は高く、融資利率は低いということになります。

 

当然と言えば当然で、リスクを一番重視するわけですから、信頼のできる人に、お得な条件でお金を貸すのが銀行です。

 

それに次ぐのが、信販会社で、の商品は、クレジットカードそのもので、ツケでお買い物ができて、ついでに現金も貸しますよ、キャッシング機能をつけているのがクレジットカード。

 

海外などでは、円を両替して使うよりも、現地通貨でキャッシングしたほうが得だったりするので、海外に行くことがおおい人は、利用することも結構あるようです。

 

ただしすぐ日本に帰ったら返済しないと利息が増えてしまいますけれどね。

 

これに対して、消費者金融は、審査はそれほど厳しいものではなく、スピーディーなのがポイントで、その日のうちにでも借りたいという人には重要な点。

 

銀行ではあり得ない、その日のうちにという即日融資ですが、消費者金融なら珍しくはありませんね。

 

これに次ぐのが信販会社で、信販会社のキャッシングも結構早くなっています。

 

もちろん、すでにカードキャッシング枠がついていれば、いつでも使えるわけですが。

 

一般的には消費者金融よりも信販会社の方が利用限度は低く設定されています。

 

消費者金融に比べると信販会社の方が審査は厳しいものとなっています。

 

つまり信販会社のキャッシングは、銀行と、消費者金融の間的な存在といえるかもしれませんね。

 

スピードが裂いたんである消費者きんゆは、その引き換えに借入限度額は低く、融資利率は高くなっているというわけです。

 

借りたい額、お金の使い道などに合わせて使い分けるのが賢い利用法です。

 

その3つの内野1つでしかキャッシング出来ないような状況は作ってはいけません。

 

借りたらなるべく早く返し、どこか1つでもキャッシングしている状況ならば、他からは絶対キャッシングしないようにすることが、生活をしていく上で大切です。

 

便利にお金が借りられる状況は、そこにあるからいいのであって、利用してしまったら、早く返済する事、そして、いつでも何か困った時はどこからでも借りられる状況であることが人生設計のなかでは重要なポイントです。

 

必要なお金が小額で、すぐに返せる見込みがあるのなら信販会社か、お金がたくさん必要だけど少しずつ確実に返していけるというのなら銀行を選びましょう。

 

すでにクレジットカードを持っていればすぐにでもお金を借りられるのは信販会社の大きなメリットです、消費者金融を利用する前に、クレジットカードの残高を確認してみては?

トップへ戻る