クレジットカードでのキャッシング

クレジットカードでのキャッシング

クレジットカードでのキャッシング

キャッシングといっても、消費者金融のキャッシングカードを使ってのキャッシングよりも、クレジットカードを利用してのキャッシングをすることの方が一般的なのかもしれません。

 

殆どのクレジットカードには、キャッシング機能があたりまえのようについていて、使ってなくても限度額が信用度に合わせて、拡大していったりします。

 

必ずついているといっても、申し込み時に、この機能をつけない事もできますし、後から外して物う事もできはます。

 

クレジットカードのキャッシングは、買い物の限度額とは異なりまして、買い物できる限度額よりも低めに設定されていることを知っていますか?

更に言うと、普通に買い物をカードで支払う場合の金利よりも、キャッシングで現金を引き出したときの金利の方が、僅かですが、高いことにお気づきでしょうか?

 

信販会社のキャッシング利用率は、コンビニや家電量販店のポイントカードと提携していっているということからしだいに増加しているようです。

 

イメージ的に、クレジットカードでのキャッシングの方が、一般消費者金融よりは安心感があるようで、そのために利用率が増えているという側面もあるようですが・・・さして変わりはありません。

 

金利もクレジットカードのキャッシングの方が高い場合がほとんどですし、とこで借りようと、返さなければならないのは当たり前ですので、

 

逆にキャッシングを多用する人は、消費者金融のキャッシングの方がいいかもしれません。
待っ借りないのが一番ですけけれど。

 

どちらも、郵便局やコンビニのATM、銀行などで利用ができますので、どちらが使い勝手がいいかということもほとんどないでしょう。

 

いちいち別に作らなくてもそのままのキャッシングできるので、申込みが面倒でないことやイメージ的なものもあって、信販会社のキャッシングは、気軽に利用できるという感覚があるようです。

 

ただ、現金払いに変えるカード払いと同じような感覚で使ってしまうのが怖いところで、感覚的に自分のお金を引き出しているような感じにとらわれて、ついつい使いすぎるという危険があります。

 

そんなことにならないように、最初から限度額を低めに設定しておくようにすることをお勧めします。

 

返済が滞った場合、クレジットカードが使用停止になってしまったり、二度々カードが作れなくなってしまい、不便な生活を余技なくされますので、注意して欲しいと思います。

 

ついつい残高不足を忘れていて、引き落とせなかったなどで、いつのまにかブラックリスト入りなんてことにならないように注意しましょう。

トップへ戻る