キャッシングに担保が必要な場合はある?

キャッシングに担保が必要な場合はある?

キャッシングに担保が必要な場合はある?

普通はキャッシングに担保をイメージすね人はいないでしょうし、利用したことのある人であれば、そのキャッシングの商品の内容に「担保」が不要か必要かなどの記載があるのを見たことがあるのではないかと思います。

 

基本的に、一般にキャッシングと呼ばれる商品については、無担保であるのが普通です。
ただし、キャッシングを融資という大きな枠でとらえれば、ものによっては担保を必要として、その科より大きな金額を貸すというものもあります。

 

キャッシングといっても、上限500万円などというようなものもありますので、場合によっては、担保を必要とする場合もあり得ると思います。

 

このキャッシングの担保というものがどのようなものかご存じでしょうか?

キャッシングの担保とは、キャッシング利用などの金銭の契約において、利用した債務の返済の履行がされなかった場合に、そのキャッシングの利用の返済履行に代わって、債務者が予め担保としてキャッシング会社に提供したものに対して、キャッシング会社が現金に換算して、債務の返済に充てることができるのが、担保です。

 

高額融資などのキャッシングの場合には、この担保が必要となってくることが多いので、高額の融資を希望する人には担保についての知識が必要になります。
具体的な担保としていえば、不動産がおおい゛てしょうか、そのほかにも、質権、抵当権、根抵当権、などの登記できる権利や、動産だと自動車などがあります。

 

また、キャッシングの担保と似たような性質を持つものに、保証人、連帯保証人、連帯債務者、などがありますが、正確には性質のことなるものですが、これも一種のキャッシングの担保だとみてとることもできますね。

トップへ戻る